忍びツール



Azure

Managed Kubernetes 環境を 2 コマンドで作成する

投稿日:

GA:1面-3




1/16 の Azure もくもく会@新宿#15 で、自分がもくもくしたネタ記事です。
今回はこれを書いて感想文とます。

ととってもネタ的なタイトルをつけてみました。
でもね、Managed Kubernetes の環境が、たった2コマンドで作成できて、事前に環境構築とかいらないんですよ。使うのは、Microsoft Azure とブラウザだけです。

めっちゃすごくないですか!!

 

早速やってみた

Micorosoft Azure のポータル画面は、Cloud Shell という、シェルを実行する環境があります。
これを利用して、以下のコマンドを実行するだけです。

#リソースグループを作成する
az group create --name moku2akscli --location eastus

#AKSクラスタを作成する
az aks create --resource-group moku2akscli --name moku2aksCluster --node-count 1 --generate-ssh-keys

まじ、簡単じゃないですか?
SSH キーもサービスプリシパルも、事前に準備しなくていいんです!!

 

動作確認

動作確認も、Microsoft Azure のポータルから Cloud Shell を使ってやってみます。
これも色々準備しなくていいからとっても簡単です。

kubectl (なんて読むの?クベコントロール??)も最初から入ってるし

確認したときのコマンドと結果をそのまま載せちゃいます。

 

$ az aks get-credentials --resource-group moku2akscli --name moku2akscluster
Merged "moku2aksCluster" as current context in /home/yoshitomo/.kube/config

$ kubectl get nodes
NAME                       STATUS    ROLES     AGE       VERSION
aks-nodepool1-31242619-0   Ready     agent     17m       v1.7.7

 

自分がやったことのまとめ

年末に、ちょっと AKS 確かめてみようかなーって思いまして、ポータルから触ったんですよね~。
その時のことは、ネスケラボに書いたのですが、はっきりいって CLI で試しておけばよかったって思いました。

まだ、K8S を触ったことがない人は、ポータルから簡単にできるのでまずは簡単に作っちゃって、それから K8S を勉強するとかでもいいかもしれないです。

簡単すぎて、鼻水でたわー。

 

Azure もくもく会@新宿#15

Azure もくもく会@新宿 # 15 の感想文なので、勉強会の様子も皆さんにお伝えします。

会場は、いつもの通り、私が所属するネクストスケープの会議室で開催しました。
今回はテーマはなしで、みんなそれぞれ好きなことをするって感じですね。
当日のアジェンダはこんな感じ。

参加者は 9 人で、そのうち5人が Microsoft MVP と結構豪華なメンバーでした。
っていうか、このメンバで普通に休日半日の勉強会やれちゃうなーw

Twitter まとめをつくりました。でも、もくもくしているからあんまりツイートできないんですけどね。
少しでも雰囲気感が伝わればと思います。

Azureもくもく会@新宿 No.15

まぁー、こんな楽しい会ですので、無理やり都合つけて遊びにきてください。

 

まとめ

K8S を手っ取り早く試してみたい方は、Microsoft Azure の ポータルからCLI を使って、AKS を立てちゃいましょー。
Azure もくもく会@新宿で、一緒に Azure を触ってあーそびましょー♪

余談ですが、「ネクストスケープ クラウド事業本部 Advent Calendar 2017」を見て、どんな会社なんだろうって思って参加者の方から言っていただいたのは、かなりうれしかったす~。
ネクストスケープの社員も参加してますので、雰囲気感を味わいに是非遊びにきてくださいー。

GA:アーカイブ - 1




GA:アーカイブ - 1







-Azure
-, , , ,

Copyright© メモログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.