忍びツール

Azure

Mac から SQL Server / Azure SQLDatabase を管理してみる

投稿日:




ASP.NET Core とかで、マルチプラットフォーム開発ができるようになったり、Visual Studio for Mac などで、開発環境のマルチプラットフォーム化が進んでいる今日この頃ですが、Microsoft Azure の SQL Database の管理は、SQL Server Management Studio で Windows が必要だったんですよねー。

とても、残念な感じだったのですが、これが先日のConnect(); でMac / Linux 上でも利用できる管理ツールがアナウンスされました。

まだ、プレビューですが、ひとまず試してみました。

 

SQL Operations Studio について

 

SQL Operations Studio は、Windows / Linux / Mac から Windows , Linux または Docker 上の SQL Server もしくは、Azure SQLDatabase / SQL DataWarehouse を管理するツールです。

今回、パブリックプレビューとしてリリースされました。

動かしてみるとわかるのですが、Visual Studio Code ライクな UI となっています。

■What is Microsoft SQL Operations Studio (preview)?
https://docs.microsoft.com/en-us/sql/sql-operations-studio/what-is

 

SQL Operations Studio のインストール

各 OS へのインストーラーの DL は以下のサイトからできます。
https://docs.microsoft.com/en-us/sql/sql-operations-studio/download

今回は、Mac で試したのですが、インストーラーをダウンロードして、インストールするだけです。
めちゃめちゃ簡単です。

 

SQL Operations Studio を動かしてみた

はい、こんな感じ。
インストールした Mac の端末から、Azure SQL Database に接続してクエリーをうってみました。

 

まとめ

Mac の端末から Azure SQLDatabase を管理できるようになったのはとてもうれしいです。
あと、Visual Studio Code がとっても進化してるので、開発環境が Windows じゃなくてもいい環境が整いつつあるように感じています。

普段は、Surface Book を使っているのですが、持ち運びするのに結構重いのですが、これが MBA でもよくなったらうれしい気持ちがいっぱいです。

でも、Windows には、Windows の良さもあるのも事実なんですけどね~。

SQL Operations Studio は、以下でソースが公開されていますので、是非こちらもご覧ください。
https://github.com/Microsoft/sqlopsstudio

 

それと、Azure 上の RDB のマネージドサービスには、SQL Database 以外にも選択肢ができてきていい感じですね。










-Azure
-, , , ,

Copyright© メモログ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.