忍びツール

Azure

Microsoft Azure Cloud Services で仮想ネットワークを使ってみた

投稿日:2017年5月21日 更新日:




今更感もありますが、Microsoft Azure の Cloud Services のネタです。
Cloud Services って何って方もいらっしゃると思いますが。。。。これです。クラシックしかないです。

 

Cloud Services で仮想ネットワークにつなげたくて、ある人に相談したんですよねー。
そしたら、「つながるぞ!!」とあっさりと答えが返ってきて、下記のURLを教えて頂きました。
https://alexandrebrisebois.wordpress.com/2015/02/15/deploying-a-cloud-services-to-a-virtual-network-vnet-on-azure/

 

設定の概要

設定方法は、以下の2手順です。

  • クラシックポータルおよび Azure Powershell で仮想ネットワーク(クラシック)を作成する。
  • クラウドサービスの .cscfg に接続する仮想ネットワークの設定を行う。

仮想ネットワークは、クラシックでないと、デプロイしたときに使えないリソースだって怒られます。

仮想ネットワークの設定

仮想ネットワークを作ってサブネットを作るだけです。
作成した後の構成をペタリ

 

クラウドサービスの構成ファイルの設定

今回は、以下のページからダウンロードできるサンプルコードをもとに検証しました。
クラウドサービスが動くところまで書いてありますので、こちらの参考にしてください。
ただのチュートリアルですけどね。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cloud-services/cloud-services-dotnet-get-started

 

で、仮想ネットワークを構成するためには、cloud.cscfg を以下のように編集しました。
赤枠のところを追加した感じです。

  <NetworkConfiguration>
    <VirtualNetworkSite name="AzureVNet" />
    <AddressAssignments>
      <InstanceAddress roleName="ContosoAdsWeb">
        <Subnets>
          <Subnet name="MiddleTier" />
        </Subnets>
      </InstanceAddress>
    </AddressAssignments>
  </NetworkConfiguration>

あとはデプロイするだけです。
片方しか仮想ネットワークにぶら下げてないので、こんな感じになります。
ぶら下げてない方は、サブネットなしになっちゃいました。

まとめ

クラウドサービスでも、仮想ネットワークに接続できました。

なんか、ちょっと色々できそうで面白い予感はします。
試していませんが、「Azure でホストされているカスタム AD ドメイン コントローラーへの Azure Cloud Services ロールの接続」というチュートリアルもありました。

利用できるのが、仮想ネットワークのクラシックだけじゃなくて、ポータルから使えるのもOKだと、もっといいんだけどなぁー。

それと、
クラウドサービスの構成ファイルについての情報は、以下のドキュメントを見るといいかもです。
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee758710.aspx










-Azure
-, ,

Copyright© メモログ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.