Azure

Azure 上の Nano Server にPowerShell で接続してみた

Microsoft Azure の仮想マシンで Nano Server を作成した場合に、ローカルからPowerShell で接続する時のメモです。

Microsoft Azure では、Nano Server をポータルから作成できます。

 

クラシックポータルからも作成することができます。

 

GUI を捨てたNano Server には、リモートデスクトップ接続はできません。
PowerShell で接続することになります。

ただ、いきなりPowerShell で接続するとエラーが出てしまいます。

 

解決方法ないかなーって Web で探しましたら、下記の Blog にありました。
自分がやりたいことがドンピシャだったので、是非こちらを見てください。
http://yamanxworld.blogspot.jp/2015/11/nano-server-on-azure.html

 


自分のやったときのログです。

まずは、クラシックポータルの Nano Server への接続
y0nanosv01 が接続するNano Serverで、y0pstest が接続元となるマシンです。接続元のマシンは、Windows 10 のUpdateの影響で手元にPowerShell を使える環境がなかったので、Azure 上の仮想マシンにAzure Powershell をインストールして作ったものです。

以降の手順は、Add-AzureAccount で、Azure のアカウントを登録した状態からやりました。

PS C:> get-azurevm

ServiceName                     Name                            Status
-----------                     ----                            ------
y0nanosv01                      y0nanosv01                      ReadyRole
y0pstest                        y0pstest                        ReadyRole


PS C:> $CertThumb =  (Get-AzureVM -ServiceName "y0nanosv01" -Name "y0nanosv01" | Select-Object -ExpandProperty VM).DefaultWinRMCertificateThumbprint

PS C:> (Get-AzureCertificate -ServiceName "y0nanosv01"  -Thumbprint $CertThumb -ThumbprintAlgorithm SHA1).Data | Out-File "${env:TEMP}mycert.cer"

PS C:> Start-Process "${env:TEMP}mycert.cer"

PS C:> Enter-PSSession -ConnectionUri https://y0nanosv01.cloudapp.net:5986 -Credential svadmin

[y0nanosv01.cloudapp.net]: PS C:UserssvadminDocuments> Get-Process

Handles  NPM(K)    PM(K)      WS(K) VM(M)   CPU(s)     Id  SI ProcessName
-------  ------    -----      ----- -----   ------     --  -- -----------
              5      620       1644 ...63     0.00    296   0 csrss
              5      776       3576 ...68     0.00    468   0 EMT
              0        0          4     0               0   0 Idle
             17     3744      10888 ...90     0.23    360   0 lsass
              8     1352       4788 ...67     0.08    344   0 services
              2      316       1132 ...58     0.02    220   0 smss
             14     4976      13348 ...32     0.13     96   0 svchost
              8     1496       5532 ...80     0.13    444   0 svchost
             12     1292       5688 ...77     0.03    472   0 svchost
              6     1164       5788 ...77     0.02    572   0 svchost
              7     1216       5092 ...75     0.00    588   0 svchost
             16     7052      14776 ...36     0.27    648   0 svchost
             14     6572      10972 ...95     0.09    692   0 svchost
             13     2276       7376 ...83     0.05    732   0 svchost
             30     4544      13592 ...42     0.14    748   0 svchost
             26     3592       9404 ...89     0.08    780   0 svchost
              0       80         80     2     3.22      4   0 System
              7      660       3808 ...69     0.03    320   0 wininit
              6     1540       6300 ...77     0.05   1368   0 WmiPrvSE
             50   104096     123384 ...41     9.30   1740   0 wsmprovhost


[y0nanosv01.cloudapp.net]: PS C:UserssvadminDocuments>

 


続いてリソースマネージャーで作成したNano Server の場合

一番手っ取り早いのは、同じリソースグループに管理用のマシンを作ってしまう方法っすかねー。

こんな感じで、Nano Serverと同じリソースグループにPowerShellをたたける仮想マシンを作ってしまえば、同じ仮想ネットワークにぶらさがりますので、とても楽ちんです。

 

リモートデスクトップ接続した後のPowerShellは、こんな感じっす。

PS C:Windowssystem32> net start winRM
The requested service has already been started.

More help is available by typing NET HELPMSG 2182.

PS C:Windowssystem32> Set-Item WSMan:localhostClientTrustedHosts -Value 10.4.0.4

WinRM Security Configuration.
This command modifies the TrustedHosts list for the WinRM client. The computers in the TrustedHosts list might not be authenticated. The client might send credential information to these computers. Are you sure that you want to modify this list?
[Y] Yes  [N] No  [S] Suspend  [?] Help (default is "Y"): Y

PS C:Windowssystem32> Enter-PsSession -ComputerName 10.4.0.4 -Credential 10.4.0.4svadmin

[10.4.0.4]: PS C:UserssvadminDocuments> get-process

Handles  NPM(K)    PM(K)      WS(K) VM(M)   CPU(s)     Id  SI ProcessName
-------  ------    -----      ----- -----   ------     --  -- -----------
              5      644       1680 ...63     0.03    316   0 csrss
              5      772       3600 ...68     0.02   1056   0 EMT
              0        0          4     0               0   0 Idle
             17     3672      11384 ...90     0.56    372   0 lsass
              8     1464       5016 ...68     0.17    356   0 services
              2      312       1128 ...58     0.05    228   0 smss
              8     1644       5692 ...81     0.13    472   0 svchost
             13     1632       5944 ...80     0.05    500   0 svchost
             15     5412      13816 ...34     0.11    716   0 svchost
             14     6988      11116 ...95     0.09    752   0 svchost
              6     1160       5804 ...77     0.02    776   0 svchost
              7     1260       5128 ...75     0.02    792   0 svchost
             16    11324      21300 ...20     0.95    848   0 svchost
             13     2252       7368 ...81     0.02    908   0 svchost
             73     6656      16272 ...54     0.72    924   0 svchost
             26     3804       9668 ...93     0.11   1008   0 svchost
              8     1964       8612 ...84     0.16   1308   0 svchost
              0       80         80     2     3.73      4   0 System
              7      628       3640 ...66     0.05    340   0 wininit
             48    40704      59760 ...35     8.11    156   0 wsmprovhost


[10.4.0.4]: PS C:UserssvadminDocuments> exit

 

もうちょっとARM勉強しヨット。。。

-Azure
-, , ,