忍びツール

Azure

Azure Webアプリのギャラリーをインストールしてみる

投稿日:2015年5月20日 更新日:




先日、なんとなくAzure Webアプリで色々なアプリを動かしてみたくなったので、ひとまず管理ポータルのギャラリーからインストールできるものをインストールしてみました。

インストールしたのは、下記です。

■001 Apache Tomcat/7.0.52
■002 WordPress
■003 Acquia Drupal
■004 Better CMS
■005 BlogEngine.Net
■006 Bottle
■007 BugNet
■008 CakePHP
■009 Composit C1 CMS
■010 DasBlog
■011 Django
■012 EC-CUBE
■013 FLASK
■014 Gallery Server Pro
■015 Ghost
■016 Incentive
■017 Java Coffee shop
■018 Jetty
■019 Joomala!
■020 Kentico CMS for ASP.Net
■021 Lemoon
■022 magento
■023 MediaWiki
■024 MojoPortal
■025 MonoX
■026 MVCフォーラム
■027 nop Commerce
■028 nService
■029 OpenCart
■030 Orchard
■031 osCommerce
■032 OWA
■033 phpBB
■034 PiWiki
■035 Pligg
■036 RazorC.Net
■037 SageFrame
■038 Service Gateway Management Console
■039 Sonet Web Engine
■040 SugerCRM
■041 TYPO3 CMS 6.2
■042 Umbraco CMS
■043 Virto Commerce

いっぱいありますね。

時間は測定してなかったのでわかりませんが、1日あればできると思います。

これをやるコツは、MySQLベースのClearDBをそれなりに使うので、複数のDBを設定することです。
MarketPlaceでClearDB  MySQL Databeseを購入することで、複数のClearDBを利用できるようになります。

あともう一つのコツは、Webアプリの無料プランを使った場合に、リソースの利用の制限があるので、複数の無料プランを作成しインストールを均等に行っていくことです。

自分は何も考えずに作業を進めたため、途中でCPUとメモリの使用時間の制限に何度かひっかかり、何度か失敗しました。

また、仕事のストレスがたまってきたときに、1日かけてインストールしてみようかなー。










-Azure
-, ,

Copyright© メモログ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.